社会不安で在宅ワークやネット副業への関心が高まっている。
zVptZitL5IaJOqN1582944886_1582944998
この週末から全国の公立の小中高生は
臨時休校に入りましたね。。。
音楽ライブやスポーツ観戦もすべて中止。
ディズニーランドなどの人が集まる施設も
営業自粛しています。
「コロナウイルスがヤバい!」「また感染者が!」
と怯える声や、逆に
「マスコミが騒ぎすぎ」「本当は全然ヤバくない」
と言った声もありますが、
どっちにしろ社会パニック自体は現実に起きています。
この2週間が本当に勝負。
この2週間の間に何かしら目に見える成果がないと、

けっこうヤバいです。

考えたくないけど、
仮に2週間後にもっと状況が悪化していたら、
社会パニックはもっと大きくなり、
経済は完全麻痺状態になるでしょう。

そうなるとおそらく、
リーマンショックや東日本大震災の時以上の
大恐慌に見舞われる事になります。

現段階でも「自粛」の煽りを受け
経済が不況の陰を落とし始めています。

そう言った影響からか、もしくは社会不安からか、
今月の半ばくらいから「tool+」の資料請求が急増しています。
サイドラインさんによると、
「tool+」の購入者自体も急増しているそうです。

これから仮に大きな不景気がくると、
またあのリーマンショック時のように倒産が相次ぎます。
たくさんの人が職を失います。
そうじゃなくても「自粛」の時に仕事自体が無くなります。
みんな、『自分の力で稼げるように』という思いが
芽生え始めているのかもしれません。

近い将来人々の働き方が変わる

いま一般企業では、コロナウイルス対策として
リモート勤務(在宅勤務)の人が少しずつ増えていますが、
その影響もあるのかもしれません。

いずれにしても近い将来、
人々の働き方が変わって、
リモート勤務の人や、
リモート勤務をしながら並行して
自宅でネット副業もする方が増えてくると思います。
とにかく、今回のコロナウイルス騒動で、
何かが大きく変わるのは確かです。
その時のために、今まで何も考えてこなかった人は、
今から備えていた方がいいかもしれません。

それにしても、在宅ワークやネットビジネス(副業)は、
世の中が安定している時は見向きもされず異端扱いされ、
社会が不安定になった時にスポットを浴びるものなんだな、、
と思います。

社会がどんなに混乱しても、
自宅にいようがどこにいようが
パソコンさえあれば『自分で稼ぐ』事ができる
ネットビジネスって、やっぱり凄いと思います。

詳しくはコチラから割引特典あり
tool+CAT

 

おすすめの記事